« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

周りの雪が消えて

このところ体の不調が続いていたのですがようやくブログに復帰出来そうです。

つい先日のように思えるのですが2月の14、15日に関東・東海地方を襲った大雪が私の家の周りでは70センチ程あったのですがようやく消えかかってきました。でもまだあちこちの道の両脇には雪が山になっていて日蔭ではまだ夜になると凍って滑ります。今日あたりは比較的気温も上がり、ようやく春めいた風が吹いて来ました。

我が家の畑を先日の雪の後に覗きに行ったのですが、まだ一面の雪野原でした。秋から仕込んだ「のらぼう」(私の住んでいる地方特有で栽培されるアブラナ科の菜の一種)も、去年の秋に植え込んだ「イチゴ」も、皆一面の雪の下でじっと耐えていました。

それでもスーパーの花やさんではもう色々な春の花が売られています。先日我が家に飾ろうと思って仕入れたのが「ハナモモ」です。ようやく春の花が手に入りました。さっそく久しぶりに水彩の道具に触れて描きました。Img187

いざ花の絵を描いてみると、そういえば雪一面の畑に立っている何本かの梅の木にはもう白い梅の花が咲いていました。去年の夏にはこの梅の木から落ちる立派な実を拾って我が家の梅干しが出来たのを思い出しました。Img012

雪との境の畑の日溜りにはもう「ホトケノザ」が咲いていました。この時期は日溜りと日蔭の寒暖の差が大きいのです。日のあたる地面に根を下ろした株はラッキーですね。日溜りを探すとすぐに見つかります。Img013_3

このホトケノザが咲いているそばには必ずと言っていいほど咲いているのが「オオイヌノフグリ」です。今年も咲いていました。

「ハナモモ」以外はどれも去年描いたものですが。

Img010

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »