« ダリアの思い出 | トップページ

2014年11月18日 (火)

垣根の中のつばき

先週新潟から戻りました。例年通り新潟上越市の実家で柿の実の収穫に行ってきました。今年は柿のなり年なのでしょうか、背の高さは10メートルに満たない甘柿の木なのですが、なんと1000個もの実が取れました。柿の木の向こうに見える妙高山にはもう初雪を含めて何回か冠雪があったそうです。いよいよ雪の季節の到来です。

お婆ちゃんに頼まれて柿もぎのついでに、庭を囲む生垣の剪定をやりました。この時垣根の間に咲く淡いピンク色をした「ツバキ」の花を見つけました。この「ツバキ」、花弁が外の方から順に一枚ずつ開いていき最後に八重が完成するようです。Img235

「ツバキ」の学名はCamellia japonikaというそうですが、その名前のとおり日本原産の花木で古くから野山に自制しています。従って「ツバキ」を題材にした絵は日本画にも沢山あります。

ある著名な日本画家は「ツバキ」を生涯描き続けることに意を注いでいます。それほど気品のある姿は人の心を捉えるようです。私がこれまでに出会ったいくつかのツバキを掲載します。Img202


Img201今我が家の庭には「サザンカ」が満開です。「サザンカ」の花はツバキに似てはいるのですが、葉はやや小さく、花はパラパラと散るのが特徴です。

Img121

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« ダリアの思い出 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1602809/57964384

この記事へのトラックバック一覧です: 垣根の中のつばき:

« ダリアの思い出 | トップページ