趣味

2014年11月18日 (火)

垣根の中のつばき

先週新潟から戻りました。例年通り新潟上越市の実家で柿の実の収穫に行ってきました。今年は柿のなり年なのでしょうか、背の高さは10メートルに満たない甘柿の木なのですが、なんと1000個もの実が取れました。柿の木の向こうに見える妙高山にはもう初雪を含めて何回か冠雪があったそうです。いよいよ雪の季節の到来です。

お婆ちゃんに頼まれて柿もぎのついでに、庭を囲む生垣の剪定をやりました。この時垣根の間に咲く淡いピンク色をした「ツバキ」の花を見つけました。この「ツバキ」、花弁が外の方から順に一枚ずつ開いていき最後に八重が完成するようです。Img235

「ツバキ」の学名はCamellia japonikaというそうですが、その名前のとおり日本原産の花木で古くから野山に自制しています。従って「ツバキ」を題材にした絵は日本画にも沢山あります。

ある著名な日本画家は「ツバキ」を生涯描き続けることに意を注いでいます。それほど気品のある姿は人の心を捉えるようです。私がこれまでに出会ったいくつかのツバキを掲載します。Img202


Img201今我が家の庭には「サザンカ」が満開です。「サザンカ」の花はツバキに似てはいるのですが、葉はやや小さく、花はパラパラと散るのが特徴です。

Img121

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

ダリアの思い出







やっと「ダリア」の花に向き合うことができました。実は九月の初旬に長野県の木島平高原でテニスの合宿があり、私も参加したのですがその時に見学した「ダリア園」で見事な「ダリア」を鑑賞しました。この時のダリアの印象が強く脳裏に残っていて「ダリア」を描きたかったのです。でも印象だけでは絵を描けなくて悩んでいました。

やっと対面できた「ダリア」は濃い赤の花でした。Img233

木島平で見学した「ダリア園」には何百という花が咲き乱れていました。今頃はもう秋の準備で花もおしまいでしょうか。

この時に泊ったホテルのすぐそばに咲いていたのが「ツリフネソウ」です。この花が咲いているのは去年の合宿で見て知っていたので探して見たら、同じ場所にありました。写生する余裕も無かったので、写真に撮ったものを家で絵に再現しました。

Img230 いつ見ても不思議な咲き方をしています。この花の名前は「帆かけ舟を吊るしたような花」と言うことからきていますが、私にはこの花はまるで「鮮やか色のちょうちん」のように見えます。たいてい日陰に群生しているのですが花の色は鮮やかで、一面がまぶしい位、この花の色に染まります。

まだ夏の合宿の話では季節はずれですね。何しろ今日あたりは北海道では雪が降るという予報が出ています。今日このごろの話に戻って、次は畑の仲間にもらった「サンナ」です。「しょうが」の一種で良い香りを放ちます。Img234_3


同じ「しょうが」の仲間ですが、こちらは白い花をつけます。花が少ない今、夕方にこの花が咲いているのを見ると白い衣装をまとった貴婦人を連想します。

Img811_2

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

あんなに暑かったのに

12号台風通過前はあんなに暑かったのに一転してこのところ涼しい日が続いています。カレンダーも、もう九月の新しいページを開きました。やはり日本の気候は台風が影響を与えていますね。8月の台風の数は例年を下回っており、これからの9月の台風は例年より多くなる可能性もあるんだとか。気になります。

相変わらず花の姿が少ないのですが、今「ヤブラン」が我が家の庭の片隅に咲いています。地味な花ですが。Img171 この「ヤブラン」も群生すればあたり一面薄紫の絨毯になりますね。先日のテレビで放映されていました。

もう秋の高原では「ツリフネソウ」が咲きだしているでしょうか。私も今週末には木島平高原にテニスの合宿に行くのですが、雨にたたられた去年の木島平で出会った「ツリフネソウ」は見事でした。Img175

同じ時期に岐阜の高山の朝市で売っていた鉢植えの「サワギキョウ」です。家に持って帰り、鉢植えで二年目を迎えた花です。今年はまだですが。Img170

同じように秋の花でしょうか、釣鐘状の花が秋の気配を感じさせる「イワシャジン」です。Img996

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

真夏の花その2

真夏には咲く花が少ないということを前回の記事で書きましたが、今日咲き出した花がありました。と、言ってもどこからが花でどこからが葉なのかよくわからないのでいつ咲きだしたのかは定かではありません。「ケイトウ」です。Img228

ビロードの生地の様な穂が塊となり花になっています。最初のうちは穂は緑色ですが、だんだん赤い色が濃くなってきて、それが成長してあの鶏の頭のような形になります。途中の穂は緑と赤が入り混じり、珍しい極采色の穂になります。Img574

昨日スーパーの前の花屋さんの前を通ったら切り花に「リンドウ」が売っていました。来週はもう旧暦のお盆ですからいわゆる盆花としての花が出回っているのですね。「リンドウ」は典型的な秋の花ですから秋ももうすぐそこに来ているのでしょうか。Img004

今年も私はお盆は新潟に帰ります。お墓参りもします。おばあちゃんの庭にはやはり新潟の「盆花」とも言うべき「ヒャクニチソウ」が咲いていることでしょう。Img775

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

真夏の花は

梅雨も明けて強い日差しと時折日本に到来する台風が気になる季節になりました。この時期は花々もお休みのものが多く、花の絵を描いている私としては少しさびしい限りです。

が、この時期にも少ないながら咲いている花、咲き出している花があります。代表的な花が「ヒマワリ」とその仲間です。Img086 「ヒマワリ」は私の家の周りでも今一斉に咲き始めました。「ヒマワリ」はキク科です。

ヒマワリに似た黄色の花びらを持つ花は幾つかありますが、同じキク科の「アラゲハンゴウソウ」です。ヒマワリよりも少し小ぶりですが、中央の黒い筒状花が黒く目立ちます。Img771

今日は我が家の畑に朝収穫に行ってきました。今収穫出来るのは「オクラ」「ナス」「トマト」です。いづれも花が咲いて実が付くのですが、今の時期の「オクラ」の花は優雅で見事です。Img777 「オクラ」は芙蓉の仲間で、花はその日の朝咲いて夕方にはしぼむ、いわゆる一日花です。

今日は黄色の花が揃いました。ではついでに、黄色の花を。「スイカ」の花です。

Img781

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

梅雨も明けて

関東地方も梅雨が明けて暑い日が続いています。この二日程過ごしやすかったのですが今日はまた一転して蒸し暑くてかないません。この時期にはいっとき花が少なくなるのでさびしい限りです。

でも先日園芸店で鉢植えの可愛い花が咲いているのを見つけて、思わず手に入れてしまいました。今我が家の食卓の上にチンj座しています。

この花は名前が「スターライト」という「ベゴニア」の一種です。Img227 肌色に近いピンクの花が付いています。スターライトと言う名なので「星の光」?ですが、「ライト」は良いとして、私にはすっきとしたその花の形が「ガスライト」に見えてしまいます。

「ベゴニア」はシュウカイドウ科ベゴニア属の総称で、園芸種を除いても、世界で1,500~2,000種あるのだそうです。我々が良く見る「ベゴニア」は赤やピンクのものです。Img912_2

「ベゴニア」が「シュウカイドウ」の仲間とは知りませんでした。我が家の庭には「シュウカイドウ」がありますが、まだ咲いてはいません。これはImg952 以前に描いた「シュウカイドウ」です。

そういえば最近私の家の周りで「ムクゲ」が咲いています。ムクゲにも色々な色の花がありますが、私の好きなものは中心が深紅で全体が白の「ムクゲ」です。秘めた情熱とでも表現できるでしょうか。Img967

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

あじさいの季節も終わり

今年の夏はエルニーニョ現象の影響で冷夏になるかもしれないという予想もありましたが、結局エルニーニョは発生しそうに無いということです。ということは冷夏ではなくていつもの酷暑が今年もくるのでしょうか。

あじさいが関東ではようやく咲き終えてこれからは百合のシーズンです。我が家の庭にも「カノコユリ」が花を咲かせました。前の晩に蕾が見事にふくらんできて、朝には大輪の花を咲かせました。Img226

同じユリの仲間ですが、先日線路脇の藪の中から立ち上がり、すっくと顔を出していた「ヤブカンゾウ」を見つけました。一見園芸店で売られている優雅なユリとは違って、花びらが折り重なり、たくましさを感じます。Img225

この「ヤブカンゾウ」と花のつき方、つぼみの形がそっくりなのですが花の色合いが様々なのが「ヘメロカリス」です。この花の和名は図鑑で調べても見つからないのですが、この「ヘメロカリス」というのはユリ科忘れ草属の総称だそうです。Img223 園芸種だけに色々な色の種類があるようです。

最後に我が家の農園で咲いた大根の花を。春採りの大根もトウが立ってこんな花が咲きました。

Img222_2

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

あじさいの季節

今日も一日雨が続きました。この季節は雨でうっとおしいとは言えますが、あじさいの花にとっては一年で一番晴れやかな季節でしょうね。今、あちこちであじさいの花が雨に濡れながら咲き誇っています。

私は園芸店で二種類の「アジサイ」の鉢植えを入手しました。一つは園芸種ですが真っ赤な色のものです。一見「ガクアジサイ」のように見えたのですが、こんもり型の花のようです。もっともアジサイは花に見える色のついている部分は花ではなく、装飾花というガクが変化したものらしいです。Img219

同じ時に手に入れた「ヤマアジサイ」。「山紫陽花」というのが漢字名です。その漢字前の通り、山の日陰に紫の太陽のように咲く花と言えます。

「ヤマアジサイ」は一般的には白いものが多いようですが、この「ヤマアジサイ」は周りのガクが薄紫でした。あじさいの季節にアジサイの花の絵が並ぶのはつまらないかもしれませんがお付き合いを。次のあじさいはImg220 我が家の庭に咲いた「アジサイ」です。

Img168 やはり梅雨の時期に咲く花です。最近は街路樹にも多く見かけられますが、「トチノキ」の花です。日本古来のトチノキは白い花ですがこれは「ベニバナトチノキ」です。Img154

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

いよいよ関東地方も梅雨に

真夏の様な暑さが続いたと思っていたらいきなり激しい雨の予報と共に梅雨入りと言うことになってしまいました。雨の到来と同時に気温も低くなり、半袖に着替えていたのがこのところ長袖で無いと寒い位で、湿度も勿論高く、確かに梅雨の到来を告げる陽気です。

この時期になると我が家の玄関先に一斉に咲くのが「ドクダミ」です。

もともと我が家は建て売りの住宅を買ったのですが、玄関から少し入った通路がじめじめして虫も湧いていたので、近所の藪から「ドクダミ」の根を取ってきて植えたのです。その甲斐があって今では通路は見事にじめじめから解放されました。その代わりこの時期には一斉に我が物顔で花が咲き誇ります。

その後園芸店で「ヤエドクダミ」と言うのを見つけ、これはプランターに植えてあります。この八重の「ドクダミ」の花はこんもりと花が盛り上がって咲くので、「ドクダミ」特有の葉が無いと、とてもドクダミとは思えません。では二種の「ドクダミ」を一緒に。Img218

この梅雨の時期に咲く花の代表は「アジサイ」ですね。「アジサイ」にはいろんな種類がありますね。これから園芸店に行って「アジサイ」の鉢植えを探してみたいと思います。これまでのストックの中から「アジサイ」を。Img760

Img940 忘れていました。この梅雨の時期に咲く代表格の花を。「ツユクサ」です。Img157 私の好きな赤みの色が強い「ツユクサ」です。

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

久しぶりの雨が

   久しぶりに記事をアップします。世の中は夏日が始まっているというのに最新の記事の標題が「桜前線は今どこに」では遅すぎですね。今日は東京地方は久しぶりの雨です。連休前に仕込んだ夏野菜の苗もこの雨で一息ついていることでしょう。なにしろこの3週間ほど雨が降ってもぱらぱらでしたから。

いつの間にか新緑の時は過ぎて初夏の雰囲気が来てしまいました。昨日私は畑に向かう途中、近所の人から呼びとめられてお宅の庭に咲いている花を観賞させていただき、帰りに花のお土産までいただきました。咲いている花が萎れないうちに早速絵に描きました。

まずは「ツキヌキニンドウ」です。花がそろそろ終わりに近いので真っ先に描いたものです。対で出た2枚の濃い緑の葉を突き抜けて花の茎が、その先に鮮やかな朱の筒状の花をつけています。Img212

次の花もお庭に咲いていたのですが、あれ、こんな時期に「アジサイ」が、と一瞬思ったのですが調べて見るとこれが「ヤブデマリ」という花でした。花の形は「ガクアジサイ」に大変よく似ているのですが、「スイカズラ」の仲間です。Img213

庭の片隅にひっそり咲いていた「ヒメケマンソウ」です。重なって咲いた釣鐘状の花が可愛いようで不気味です。不気味というのは訳があって、ケマンの種類には毒があると聞いているからです。Img214_3可愛らしい花ですが。

最後に頂いた「テッセン」です。「テッセン」には色々な色や形の花がありますが、これは濃い紫。和名「テッセン」、園芸種名「クレマチス」です。

Img216_2

*絵はクリックで拡大してほぼ原画サイズで見られます。元に戻る時は←で。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

文化・芸術 | 趣味 | 音楽